就職おばさん奮戦記・・・話し合いは無駄?

 総務部長との話し合いをしたいと、社長に言い続けて去年の11月に、話し合いの文章を作成しました、。2月に催促し、無駄と言われました。無駄と言われても、向こうは何も感じていないので、話し合いは必要だと、おばさんは思います。57~8歳の総務部長が、「訴えられるのが怖くて、社員に声をかけられない。」なんてレベルの低いことを言っているのです。
  4月下旬に話すと言いながら、社長は忙しいと言い、「難しい問題だ。考えている。」と言い続けるだけです。
 4月も流れ、6月になりました。
 5月31日に、おばさんは社長に、このままでもいいのなら別に構わないと言いました。 (部長は仕事をくれるつもりがないし、挨拶もしないのは、私のせいではないから。「訴えらられるのが怖い。」と言っているのは部長だから。)
  しかし、それでは会社が成り立たないと社長は言いました。今更何を言うのかと思います。2年も放置したのは社長です。
 怒り続けるのも気力体力がいるのだと思います。文章を読み返すと、また、腹が立ち、前に進みません。
 忘れるとでも思っているのでしょうか?
 社長が悪いと、労基署で相談したら言われました。おばさんが若ければ、2年前に辞めています。
いや、アンブリッジにあってから、半年で辞めればよかったと思います。
 まだやり直しはできたかもしれなかったのです。一年の失業はつらっかったから、一歩が出せません。今は、家の事情でやめられないのです。なんとか雑用でも、給料は入った方が良いのです。
 ストレスで、病院も通っているし、買い物で憂さ晴らしもしました。でも何も解決しないから、毎日、辞めることを考えています。やめる口上もいろいろ考えつくしました。
 よその会社の人に、「勉強していれば?」といわれてやろうとしていても、なかなか集中できません。
 営業事務の仕事は、毎日あったりなかったりですが、20日と月初は忙しいです。
 今の仕事は、我社の仕事ではないから、ほとんど頭を使いません。派遣みたいな感じです。
 正社員になれたのに、自分の会社と思えない仕事は、あまり面白くありません。
 年配の人に、腰かけだと思って仕事をすればと言われましたが、長寿社会で生きていくためには、1日の大半を会社で過ごすのですから、辛いばかりでは続かないと思います。
 せめて給料が普通にもらえていたら、我慢もするかもしれないのですが、4年目に入り、やっと短大卒業
並みになりました。それでもパートよりは良いですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック