就職おばさん奮戦記・・・話し合い

 出向社員の総務部長が、上司の名目で我社に来てから、仕事の指示を一度ももらったことがなく、「部下と思わないし、上司になる気がない。」といわれて、2年たちました。その間に、社長に何度も、話し合いの時間を下さいと言いました。しかし、一度も話し合いはされず、「アンブリッジが辞めれば変わるから、待て。」と言い続けられました。最初は1~2度信じていたけれど、2年目からは社長の言葉は信じていなかったので、2か月ほっとかれても仕方がないと思いました。
 営業事務の仕事が忙しかったので、時間が過ぎて行きました。仕事の分担がきちんとできていれば、揉めるようなことはないはずです。しかし、分担した私の仕事までも、アンブリッジは勝手に新人TKに教えてやらせていたので、一言いうと、社長が新人TKが辞めたら困るから、アンブリッジと揉めないようにと言われました。原因はアンブリッジがやったことです。
社長に「何故、アンブリッジが辞めるまで待てないのか。」と言われましたが、私の仕事が無くなってしまったのす。
 アンブリッジが辞めた後に、仕事の分担をすると言われたけれど、仕事の話し合いは、一度もされずに、また半年過ぎて、とうとう営業事務の仕事もなくなってきました。
 毎日、新聞を片づけ、電話をとり、5件ぐらいの営業事務をこなすだけになりました。
 アンブリッジが居なくなっても、総務部長は、やはり、変わりませんでした。
 挙句の果てに、「訴えられるのが怖くて声をかけられないと言っている、どうするのだ。」社長に言われ、呆れました。以前、「家庭持ちには、経理はさせられない。」と言われ「訴えられてもおかしくないのでは?」と言ったことに対してのことです。
 毎日挨拶をしても返事も返さない部長が、仕事もくれない理由にそんなことを言ったなんて、レベル低すぎです。こんなことで辞めなければいけないなんて、本当に悔しい。 
 先日、今までの事を紙にまとめておけと社長に言われたので、話し合いの為に二年分の経過を書きました。最初は忙しいから読んでいないといわれて、2か月たったのでもう一度社長に話すと、「そんなことでは、ここにいられないから、辞めた方がいいんじゃないか?」と言われました。
 話し合いの時間を持ってくれと頼んだ者に、そんなことを言うのかと、益々会社が嫌になりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック